第十回 好きな曲カタルコーナー「やさしさで溢れるように / JUJU」

スポンサーリンク
好きな曲カタルコーナー
マイケル
マイケル
みなさんこんばんは!
久しぶりの好きな曲カタルコーナーだよ!
エレキベア
エレキベア
久しぶりクマね〜〜〜
今日は何の曲クマ???
マイケル
マイケル
よくぞ聞いてくれた!
今日の曲はこれだ!
スポンサーリンク

やさしさで溢れるように / JUJU

エレキベア
エレキベア
今日はバンド系じゃないクマね
マイケル
マイケル
これがめちゃくちゃいい曲なんだ・・・
マイケル
マイケル
小倉しんこうさんという方が作詞をしているんだけど、
亡くなった愛犬に対して、「離れていてもやさしさで包まれますように」
という気持ちを込めて書いた歌詞なんだ。
エレキベア
エレキベア
恋愛ものかと思っていたクマが、
愛犬のことを想って書いた歌詞だったクマね・・・
マイケル
マイケル
多くの人が共感できるよう、そういう風に歌詞をアレンジしているんだと思う。
しかし対象は何であれ、それぞれが想う大切なものを思い浮かべて聞くといいと思います。
マイケル
マイケル
それじゃさっそく歌詞を見ていこう!
エレキベア
エレキベア
クマ〜〜〜〜〜〜〜

目が覚めればいつも 変わらない景色の中にいて

大切なことさえ 見えなくなってしまうよ
やさしさで溢れるように / JUJU

マイケル
マイケル
出だしからつらいよ・・・。
当たり前にある幸せにはなかなか気づかないものです・・・。
エレキベア
エレキベア
クマーーー・・・・。

生きてる意味も その喜びも

あなたが教えてくれたことで

大丈夫かもって 言える気がするよ

今すぐ逢いたい その笑顔に
やさしさで溢れるように / JUJU

マイケル
マイケル
「生きることの意味や喜びを教えてくれたあなたのおかげで、
これからもなんとかやっていける気がするよ。今すぐに逢いたいよ。」

という強い想いが伝わってきます・・・。
エレキベア
エレキベア
つらい時いつも支えて支えてくれた
大事なパートナーだったクマね・・・。
マイケル
マイケル
そしてここからサビへと突入します。

あなたを包むすべてが やさしさで溢れるように

わたしは強く迷わず あなたを愛し続けるよ

どんなときも そばにいるよ
やさしさで溢れるように / JUJU

マイケル
マイケル
「どうかあなたがやさしさで包まれますように。
遠くへ行ってしまってもずっと愛し続けるよ。」

この曲のテーマが出てきます。
エレキベア
エレキベア
もう耐えられないクマ〜〜〜〜・・・・。

当たり前のことは いつでも忘れ去られがちで

息継ぎも忘れて 時間だけを食べてゆく

花の名前も 空の広さも あなたが教えてくれたことで

愛と呼べるもの 分かった気がする

せわしなく進む 時の中で
やさしさで溢れるように / JUJU

マイケル
マイケル
「ただただ進む時間の中で、あなたは「愛」と呼べるものを教えてくれた。」
「愛」という曖昧なものをあなたとの時間のなかで分かった気がするよと伝えています・・・。
エレキベア
エレキベア
愛の定義は複雑クマ。
だけど、「大切なもの」であることに間違いはないクマ。
それに気づけたことは素晴らしいことクマ。
マイケル
マイケル
ほんとにクマかアンタは・・・。

わたしの生きる世界が 光で満たされるように

あなたの生きる時間を わたしが輝かせるから

離れていても そばにいるよ
やさしさで溢れるように / JUJU

マイケル
マイケル
「あなたが世界を光で照らしてくれたように、
あなたの時間もわたしが輝かせるから」という想いが込められています。
エレキベア
エレキベア
これは今を生きる人たちへのメッセージともいえるクマね・・・。
今、生きる時間を輝かせあうような関係になりたいものクマ・・・。
マイケル
マイケル
(さっきからなんか哲学的だな・・・。)

雨に打たれても 風に吹かれても 寒さを感じない 今は

ぬくもりはいつも この胸の中に

決して失くさないよ ありがとう
やさしさで溢れるように / JUJU

マイケル
マイケル
「あなたはずっと胸の中にいるよ。ありがとう。」
感謝の気持ちで締めくくります・・・。
エレキベア
エレキベア
胸が締め付けられるクマ・・・。
マイケル
マイケル
以上で紹介は終わります。
僕はこの曲を聞いて、今大切な人をもっともっと大切にしよう
と心から思いました・・・。
エレキベア
エレキベア
ベアも大切にするクマ〜〜〜
マイケル
マイケル
勇気と力がどんどんわいてくるぜ!
これからもがんばるぞエレキベア!!

シュタタタタタタッ

エレキベア
エレキベア
がんばるクマ〜〜〜〜〜〜

第十回 好きな曲カタルコーナー「やさしさで溢れるように / JUJU」 〜完〜

コメント